LINEのスクショをTwitterに晒された!正しい対処法と法律

この記事では、LINEのスクショ晒しの対処方法についてお伝えしていきます。

LINEのスクショを勝手にTwitterに晒された!なんとか削除したい!

この記事にたどり着いたみなさんは、このようなお悩みを持ちかと思います。

Twitterという拡散性の高いツールで晒されていれば相当焦るでしょう。

そこで今回ご紹介するのが、「 LINEのスクショ晒しへの正しい対処方法」です。

対処方法について 「法的」「規約的」な側面から対処方法を考えていくので、的確な対処方法をご紹介できます。

もちろん、現段階で法的な小難しい知識は一切不要です。

読み進めながら「ああこういうことなんだな」と理解していただければと思います。

それでは、勝手に晒されたLINEスクショの対処方法を解説していきます。

LINEの内容を第三者に見せる「LINE晒し」は罪に問えるか

そもそもLINE晒しって法律的にどうなんですか?
國次
実は立派な「違法行為」と言えます。対処に先駆けてまずは法的根拠を見ていきましょう。

結論から言えば、Twitter上での「LINE晒し」はプライバシーの侵害や名誉毀損に該当します。

もしツイートに違法性がある場合は、「Twitter運営に報告する」「弁護士に相談・依頼する」などといった方法で対処可能です。

まずはどのような法的根拠があって、どのような場合なら違法とみなせるのか一緒に考えていきましょう。

ネット上の誹謗中傷は訴える事ができる!訴える為に知っておきたい必要最低限の知識
「誹謗中傷っていまいちわからない」 「誹謗中傷を訴えるにはどのような流れがあるのか知りたい」 ひょっとしたら、このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。 誹謗中傷を訴えるには法的な知識が必要で、告訴を諦めてしまうかもしれませ...

ケース1:LINE晒しが「プライバシーの侵害」に該当するケース

まずスクショに含まれているのはみなさんの「個人情報」であり、プライバシーです。

これが勝手に公開されれば、「プライバシーの侵害」に該当する可能性があります。

ただし、 どのような情報でも、プライバシーの侵害に該当するわけではありません

法律上、以下の3つの条件を満たした場合のみ、プライバシー侵害とみなすことが可能です。

  • 条件その1:私生活上の情報/私生活上の情報と勘違いされる恐れがある情報
  • 条件その2:公開されたくないと思っている情報
  • 条件その3:一般にまだ知られていない情報

まずは、公開されたスクショの内容がこの3つの条件を満たしていることを確認しましょう。

國次
例えば、LINEの1対1の個人トークの場合はクローズド(閉ざされている)であり、自然と個人情報が話題となりがちです。
そのような個人トークの内容のスクショがTwitterに晒された場合、条件を3つとも満たす可能性は高いですね。
グループトークの場合はどうでしょうか。
國次
グループトークの場合も3つとも条件を満たす可能性が高いです。グループだけが知っている情報は「 一般にまだ知られていない情報」ですからね。

プライバシーの侵害の法的根拠

LINEのスクショでプライバシーを侵害すれば、当然罰せられます。

しかし、実はプライバシーの侵害を明文化している法律はありません。

つまり、プライバシーの侵害は法律で直接「ダメ」と定められている行為ではないわけです。

どういうことですか?

國次
法律上、直接記載はされていないのですが、 いろんな法律から考えて「個人情報を勝手に公開するのはダメだよね」と定めたのが「プライバシーの侵害」です。
國次
もちろんプライバシーの侵害は違法行為ですので、訴えることができますから、安心してくださいね。

このプライバシーの侵害とは、プライバシーの権利を侵害することです。

プライバシーの権利は、次の2つの法律「憲法第13条」と「民法第709条」から導かれます。

第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

引用元:e-Gov「日本国憲法第13条」

難しいことを言っていますが、要は一人一人が幸せであるための「幸福追求権」という権利を定めた条文です。

この「幸福追求権」の一つにプライバシーの権利があると考えられています。

ゆえに、プライバシーの権利はこの憲法第13条を根拠としていると覚えておきましょう。

第七百九条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

引用元:e-Gov「民法709条」

民法第709条は、「 プライバシーの権利といった個人の権利を侵害されたら損害賠償をしていいよ」という内容です。

この条文からも「権利侵害」を認めていないことが分かります。

このように、プライバシーの権利は以上2つの法律「憲法第13条」と「民法第709条」から導かれものであり、侵害すれば当然「違法」とみなされるわけです。

國次
「スクショで個人情報を晒された」という場合はこの「憲法第13条」と「民法第709条」を根拠にプライバシーの権利を主張することになります。

ケース2:LINE晒しが「名誉毀損」に該当するケース

Twitterに晒されたLINEのスクショが「名誉毀損」に該当するケースもあります。

まず名誉毀損ってなんですか?
國次
人には社会的な評価・信頼(名誉)があります。これを傷つけられると名誉毀損となります。
例えば、匿名掲示板で誹謗中傷(悪口・暴言)を書き込まれたとして名誉毀損として訴えたというニュースもありますよね。
こういった単なるネット上の書き込みでも名誉毀損は成立するのです。
LINEのスクショの場合も同じなのでしょうか。
國次
場合によっては名誉毀損に問える可能性があります。まずは名誉毀損成立の条件から見ていきましょう。

まずは成立条件は刑法の「名誉毀損」という項目から直接導かれます。

第二百三十条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

引用元:刑法「名誉毀損」

このままでは分かりづらいので、Twitter上にLINEのスクショを晒された例に当てはめて成立の条件を整理していきます。

  • 条件その1:「公然と」:誰でもアクセスできる場所で  = Twitter上で
  • 条件その2:「事実を摘示(てきし)し」:何らかの情報を示して = 投稿文やLINE晒しで
  • 条件その3:「人の名誉を毀損した者」: 他人の社会的評価(名誉)を傷つけた者

晒しツイートが以上3つの条件を満たせば「名誉毀損」に当たる可能性が高いです。

國次
条件を3つ合わせて、 Twitter上で投稿文やLINE晒しで他人(みなさん)の社会的評価(名誉)を傷つけた者と覚えておきましょう。

例えば、LINEのトーク画像を晒した上で特定の個人に対して「犯罪者」「低脳」などと投稿文に記載されていれば、人の名誉を傷つける「名誉毀損」に該当します。

また、投稿文に情報が詰まっていない「バカ」「死ね」といった罵倒が添えられる場合も「侮辱」に該当する可能性が高いです。

ただし、 個人を特定できる内容である必要があります

個人を特定できないと誰の名誉を傷つけているのかわからないためです。

例えば、LINEのスクショは自分とのトーク画面であっても、 画像加工によりLINEのアカウント名が隠されている場合などは個人を特定しにくい状況です。

LINEのトーク内容からある程度個人を特定できる場合は良いのですが、トーク内容が「死ね」「カス」などといった 内容の無いやり取りの場合、中々個人を特定するのは困難となります。

國次
「LINEのスクショから個人が特定できること」そしてその個人の「名誉を傷つけていること」を確認しましょう。

「LINE晒し」はTwitter上でも規約違反

ここまでLINE晒しを違法とみなせる法律について紹介してきましたが、実はTwitter上の利用規約でも個人情報の公開は禁止されています。

それがこちら「個人情報に関するポリシー」です。

他の利用者の個人情報を、明確な許可を受けずに公開または投稿することは禁止されています。個人情報を公開すると脅迫する行為、または他者にこれを促す行為も禁止します。

個人情報を本人の許可なくオンライン上で共有することは、晒し行為と呼ばれることがあり、プライバシーの侵害に当たり、Twitterルールの違反とみなされます。個人情報の共有は、関係者に深刻な安全リスクやセキュリティリスクを引き起こし、物理的、感情的、金銭的な苦境をもたらしたりする可能性があります。

引用元:Twitterルールとポリシー「個人情報に関するポリシー」

このポリシーで公開が禁止されている個人情報は以下の通りです。

  • 住所
  • 身分証明書
  • 連絡先
  • 口座情報

LINE晒しが上記のような個人情報を含む場合は、運営に報告しましょう。

また、次のような行為も禁止されています。

  • 「個人情報を晒すぞ」と脅す行為
  • 個人情報をツイートして見返りを要求する行為

このような行為を受けた場合も同様に運営に報告しましょう。

ただし、以下のように 例外もあります。

  • すでに公開済みの個人情報を攻撃的な形をとらずに公開
  • 氏名
  • 生年月日、年齢
  • 学校名、勤務先
  • 容姿
  • ウワサ

このような個人情報はTwitter上では個人情報とみなされないとされています。

つまり、LINEスクショの内容に上記の個人情報が含まれていても、規約違反とみなされないということです。

Twitterに報告できるパターンは、あくまで以下の4つの情報が公開されている場合のみに限ります。

  • 住所
  • 身分証明書
  • 連絡先
  • 口座情報

この点だけは注意しましょう。

國次
ここまでの内容をふまえた上で、法律違反、規約違反とみなせる場合は次章「LINEのスクショをTwitterに晒された場合の対処方法」におすすみください。

LINEのスクショをTwitterに晒された場合の対処方法

今すぐできる対処方法としては、「ツイートをTwitter運営に報告すること」です。

以下の方法で問題の晒しツイートを運営に報告しましょう。

  • ステップ1:右上のアイコンから 「ツイートを報告する」を選択
  • ステップ2:「不適切または攻撃的な内容を含んでいる」を選択
  • ステップ3:「個人情報を含んでいる」を選択
  • ステップ4:報告する情報の種類を選択(連絡先、住所、口座情報、身分証明書、その他の中から選ぶ)
  • ステップ5:報告する情報が誰の情報なのか選ぶ
  • ステップ6:関連するツイートを5件まで選択(LINEの晒しツイートに至った経緯などのツイートがあれば)
  • ステップ7:報告を送信

たったの7ステップで3分もあれば報告を送信できます。

LINE晒しによって誹謗中傷・名誉毀損が発生している場合は、ステップ3の段階で「無礼で侮辱的な内容を含む」「特定の人物にいたがらせをしている」として報告しましょう。

今すぐツイート削除依頼!Twitterの誹謗中傷・個人情報の削除方法
この記事は、Twitterのツイート(投稿)を削除するための方法を紹介し、実際に削除依頼を進めていくための記事です。 Twitterで自分に対する悪質なツイートが投稿された。 Twitterは簡単にシェアできる「リツイ...

また、 弁護士に依頼することで法的な措置を講じることも可能です。

以下のステップで弁護士を探して相談・依頼することで、晒しツイートに対する法的な措置を検討しましょう。

  • ステップ1:Twitter上のトラブルを解決してくれそうな弁護士を探す
  • ステップ2:弁護士を選ぶ
  • ステップ3:状況や依頼したい内容について、弁護士と相談する
  • ステップ4:弁護士にツイート削除を依頼する
  • ステップ5:弁護士が交渉・訴訟を行う
  • ステップ6:ツイートを削除が完了する

メリットや期間、犯人の特定方法を押さえて、晒しツイート投稿者に責任をとってもらいましょう。

Twitter問題解決なら弁護士!削除依頼・相手特定の期間・費用を解説
この記事では、Twitterで起こったトラブル解決を弁護士に依頼したい方にむけて、必要な情報を提供していきます。 自力ではTwitterの問題を対処しきれない そのような悩みを抱える方を救うのが、弁護士の役目です。 ...

Twitter以外のサイトに晒された場合

ここまではあくまでも、Twitter上に晒された場合の対処方法でした。

しかし、実際には5ちゃんねるや爆サイなどといったTwitter以外のサイトに晒される恐れもあります。

そこで、ここからはTwitter以外に晒された場合の対処方法について解説していきます。

國次
サイトの場合は、基本的に掲示板・投稿に対して「削除依頼」を出す流れとなります。
Twitter外にまで拡散されてしまうと、中々自力での対処は困難です。そのため、最初から弁護士に依頼して対処することをおすすめします。

5ちゃんねる

5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)でLINEが晒された場合は、以下の方法でスレッドまたは投稿(レス)の削除依頼を提出しましょう。

  • ステップ1:5ちゃんねるの削除ガイドラインを確認
  • ステップ2:ガイドライン違反があれば、削除依頼板・削除要請メールを送信して削除依頼を行う

5ちゃんねるではスレッド・投稿の削除は「削除人」と呼ばれるボランティアが担当しています。そのため、削除は削除人に依頼する形式となります。

詳しい流れや規約を理解して、検索結果に表示されている2ちゃんねるの記事の削除を依頼しましょう。

2ちゃん(2ch)の投稿を今すぐ削除!失敗なく依頼をする方法について分かりやすく解説
上記のようなお悩みを抱えていると思います。 この記事を読めば、必ず削除依頼の成功率を上昇させることができます。 1つ1つの基本を押さえて削除依頼を成功させましょう。 あなたが削除をしたいのは「どの2ch」ですか?2ちゃ...

爆サイ

爆サイの場合は、スレッドの下にある削除依頼フォームから投稿の削除依頼を行います。

爆サイ利用規約第3条【禁止事項】を見ながら、必要項目を記入し、削除依頼を送信しましょう。

困難な場合は弁護士に依頼することを検討しましょう。

爆サイの投稿を今すぐ削除!自分で依頼をする方法から弁護士・警察 への依頼方法を解説
みなさんは以下のようなお悩みをお持ちかと思います。 「爆サイで個人情報を晒されたから削除したい」 「支店名と店員を名指しで誹謗中傷されたから、その投稿を削除したい」 「誹謗中傷で企業の社会的信用が低下したから訴訟したい」 ...

その他のサイト

その他にも匿名掲示板サイトがあります。

当メディアでは、様々なサイトでの削除依頼方法を紹介しているので、参考にしていただければ幸いです。

ガールズちゃんねるに書き込みされた誹謗中傷の削除を依頼する方法
「ガールズちゃんねるで実名と一緒に罵倒された」 「ガールズちゃんねるで誹謗中傷の削除要請をしたい」 ひょっとしたら、このようなお悩みをお持ちではありませんか? ガールズちゃんねるの掲示板で情報が拡散されたら焦りますよね。 ...
youtube動画の削除依頼方法!投稿者特定で責任を取らせるまで
この記事ではyoutubeの動画内でに勝手にプライベートを公開された方に適切な削除依頼方法をお伝えする記事です。 「自分が映っている動画を勝手に撮影・投稿された!」 面白半分で投稿している者もおり、憤りを感じるのも無理はありま...
ホストラブ(ホスラブ)削除・特定・損害賠償の方法【初心者向けまとめ】
この記事は匿名掲示板「ホストラブ(ホスラブ)」で誹謗中傷を受けた方が、まず一歩踏み出すために必要なノウハウを解説するものです。 ホスラブで誹謗中傷にあったけどどうしていいかわからない。 突然の誹謗中傷で混乱していると思...

【要チェック】LINEのIDが晒された時の対処方法

スクショだけではなく、LINEのIDが晒される場合もあります。

晒されているサイト(ライン掲示板など)が特定できている場合は、そのサイトの運営に投稿の削除依頼を申請することでLINE IDの削除可能です。

嫌がらせやイタズラで自分のIDが晒されてしまった場合は、設置されているお問い合わせフォームや削除依頼窓口からライン掲示板運営者にコンタクトを取って、削除依頼を行いましょう。

また、その他の対策として、次の5つがあります。

  • ブロック
  • 通報
  • IDの検索を無効化
  • QRコードを更新
  • アカウントを削除する(アカウントを作り直す)

それぞれの対策を試して、LINE ID流出による被害を抑えましょう。

原因や具体的な対処方法やコツ、注意点をふまえたら、LINE ID晒しをスムーズに対処していきましょう。

突然来る「ライン掲示板から来ました。」無断で書き込まれたIDの削除方法や対策
勝手にLINE IDを晒された 変な人からコンタクトをもらった LINE IDの書き込みを早く削除したい このようなお悩みを抱えているかと思います。 今回の記事では、突然来る「ライン掲示板から来ました...

まとめ

みなさんが今すべきことを整理しておきます。

まずは、問題のLINE晒しツイートに 違法性があるか Twitterの規約に違反しているのかという点を見極めましょう。

この記事で紹介した条件に当てはまるか否かで見極めても良いですし、弁護士に相談して良いです。

次に問題のツイートの削除依頼を出しましょう。

法的な措置を求める場合は、弁護士にツイート対処を相談・依頼する必要があります。

Twitter以外のサイトに晒された場合も一度は弁護士に相談できると良いですね。

この記事で紹介した内容を参考にしていただき、少しでも悪質なLINE晒しツイートを対処に貢献できれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました