今すぐツイート削除依頼!Twitterの誹謗中傷・個人情報の削除方法

この記事は、Twitterのツイート(投稿)を削除するための方法を紹介し、実際に削除依頼を進めていくための記事です。

Twitterで自分に対する悪質なツイートが投稿された。

Twitterは簡単にシェアできる「リツイート」機能や「いいね」機能により、他のSNSよりも情報が拡散するスピードは速いとされています。

悪意を持った情報が拡散されると、それに伴う風評被害も拡散されかねません

さらに、「自分に関する誹謗中傷や個人情報が他の人に知られてしまうのでは」と、不安に思う方も多いはずです。

そのような悩みを抱える方に向けて、今回は Twitterのツイートを削除する方法を解説していきます。

Twitterを始めたばかりの初心者でも簡単に削除できるように解説していきますので、実際に試していきましょう。

 

簡単!Twitterのツイートの削除依頼を出す方法

なんだか削除依頼って難しそうですよね。
國次
Twitterの削除依頼は簡単ですよ。報告の画面から削除依頼を進めていきましょう。

Twitterでのツイート削除依頼自体は簡単です。
その方法はツイートを報告し、以下の手順で運営に審議させるだけとなっています。

ツイートを報告するには

1.twitter.com、Twitter for iOS、またはTwitter for Androidアプリで報告したいツイート  を表示します。
2.アイコンをクリックまたはタップします。
3.[報告] を選びます。
4.[不適切または攻撃的な内容を含んでいる] を選びます。
5.報告対象の問題に関する追加情報を入力します。(中略)
6.報告したツイートの本文は、Twitterが報告を受けて報告者に送るメールや通知に表示  されます。この情報が不要な場合は、[報告したツイートをこの報告の最新情報に表  示する] チェックボックスをオフにしてください。
7.報告の送信が完了すると、Twitterを快適に利用するために推奨される対策が表示され  ます。

引用元:攻撃的な行為の報告

このように、自分に対する悪質な投稿は、ツイートを報告することで運営に審議させることが可能です。

ツイート情報を証拠として保存するなど削除の準備したら、問題のツイートを報告していきましょう。

ネット誹謗中傷を削除する前の準備と書き込みを削除する方法
誹謗中傷によって名誉が傷つけられるだけではなく、客足が遠のく、従業員が辞めるなど被害が大きくなることもあります。 誹謗中傷を早く削除したい ネット上で誹謗中傷を受けた!許せない! この記...
実績ナンバーワン!誹謗中傷ドットネット

削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

【スマートフォン版】ツイートの報告をする方法

ツイート報告の実際の流れを見ていきましょう。まずは削除したいツイートの右上にあるアイコンをタップします。

すると、以下のように表示が現れます。「ツイート」を報告するをタップしましょう。

「問題を報告する」という画面が開きます。
こちらでは「 不適切または攻撃的な内容を含んでいる」を選び、タップしましょう。

攻撃である理由を選択します。理由についてはこの記事内の以降の項目で解説します。

該当する理由をタップしましょう。

報告が完了しました。

表示のあるとおり、 Twitter運営に報告しても相手に伝わる心配はありません。パソコン版のTwitterについても同様の流れで報告ができます。

また、状況をより詳しく伝えることで、報告の充実度を高めることが可能です。

「報告内容について申し送りがありましたらお知らせください。」の記入ボックスにケースに応じた削除依頼文を記入しましょう。

詳しくは以降の項目でケースに分けて解説していきます。

報告の「理由」と「申し送り」についてはどうすれば良いのですか?
國次
こちらは状況に応じて、選択肢や記入内容が変わります。後ほど、事例に分けて詳しく解説していきます。

スクリーンショット参照元:Twitter

 

「報告=削除依頼」のため、報告のみで完了

Twitter運営へと報告することは削除を依頼することと同じです。

なぜなら、報告したツイートを審議した結果、運営は削除の権限を利用して、問題ツイートを削除してくれるためです。

実際に以下の通り、Twitter運営は投稿を削除する権利を持っています。

当社は、Twitterユーザー契約に違反しているコンテンツ(著作権もしくは商標の侵害、なりすまし、不法行為または嫌がらせ等)を削除する権利を留保します。

引用元:Twitter サービス利用規約

このように、ツイートが「Twitter運営にユーザー規約に反しているコンテンツと判断」されれば、削除される可能性があることが分かります。

そのように判断させるためにも、 「報告」して問題のあるツイートの存在を知らせる必要があるのです。

ゆえに、安心して問題の投稿をTwitter運営に報告しましょう。

 

ケース1:削除できる誹謗中傷ツイート

誹謗中傷とは、他人に対する悪口・暴言のことです。

Twitterは以下のように誹謗中傷のような攻撃的なツイートを認めていません。

攻撃的な行為: 特定の人物や他の利用者を標的とした嫌がらせを禁じます。Twitterは、嫌がらせ、威圧、他者の発言に対する抑制を攻撃的な行為と見なします。

引用元:Twitterヘルプセンター「Twitterルールとポリシー」

このように、Twtterは 嫌がらせ、威圧、他者の発言に対する抑制といった行為を攻撃的な行為とみなしています。

このようなツイートが発覚した場合は「 強制執行措置の対象」となる可能性が高いです。

そのため、報告の際は「問題を報告する」の画面で 「無礼で侮辱的な内容を含む」または「特定の人物にいやがらせをしている」を選択し、案内通りに進めていきましょう。

報告内容の申し送り記入ボックスには、以下のように記入できると良いです。


○○というユーザーが自分に対して、「○○(問題の表現のコピペ)」と嘘の発言をしており、私の名誉が傷つけられるだけではなく、家族や友人に対してあらぬ噂が広まっています。
投稿削除のご検討の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


「誰が」「自分に対して」「どのような表現で」「どんな被害を受けたか」という点を記入し、状況を詳しく伝えましょう。

 

ケース2:削除できる個人情報ツイート

俗に言う「晒し」という個人情報を含んだツイートが散見されます。もしそのような被害に遭った場合、規約違反としてTwitterに報告しましょう。

個人情報: 他の利用者の個人情報を、明確な許可を受けずに公開または投稿することは禁止されています。個人情報に該当する情報の種類は、各国の現地法によって異なる場合があります。

引用元:Twitterヘルプセンター「Twitterルールとポリシー」

個人情報を勝手に公開することは、ご存じの通り「プライバシーの侵害 」として法律に違反する可能性が高い行為です。

日本国内ではプライバシーの侵害は以下の条件をすべて満たすことで成立します

  • 条件その1:私生活に関する情報、そのような情報と勘違いされそうな表現
  • 条件その2:本人にとって、公開されたくない情報
  • 条件その3:まだ公開していない情報

これらの条件を3つとも満たしている場合、個人情報が勝手に公開されている状況とみなせます。

そのため、報告の際は「問題を報告する」の画面で 「個人情報を含んでいる」を選択しましょう。

報告内容の申し送り記入ボックスには、以下のように記入します。


○○というユーザーが私の郵便番号や電話番号が勝手に公開しており、プライバシーの侵害です。
これらの情報からすでに実家の住所、家族の顔写真などが特定され、私だけではなく、家族も被害を受けています。
投稿削除のご検討の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


「誰が」「自分に対して」「どのような個人情報の流出により」「どんな被害を受けたか」

という点を記入し、状況を詳しく伝えましょう。

 

ケース3:上記以外に削除できるツイート

Twitterで違反とされているものは 誹謗中傷や個人情報だけではありません

報告の画面でも状況に応じた理由が的確に選択できるのがベストです。そこで、一度Twitterのポリシーやルールを確認しておくことをおすすめします。

実際にポリシーやルールに基づくと次のようなツイートも報告可能です。

 

暴力的なツイート

Twitterを利用していると、ある日突然脅迫される可能性もあります。

脅迫とは、 「金を盗むぞ」「殺すぞ」「家を燃やすぞ」といった発言のことです。まずはTwitterの規約にある「暴力」の項目を見ていきましょう。

暴力: 具体的な暴力的脅迫や、個人または集団に向けた重大な身体的危険、死亡、病気を望む行為の助長を禁じます。
これにはテロ行為の助長や脅迫が該当しますが、これらに限定されません。
また、Twitterプラットフォーム内外での発言や行動を通して、一般市民に対して暴力を使用したり助長したりして影響力を高める組織と提携することを禁じます。

引用元:Twitterヘルプセンター「Twitterルールとポリシー」

こういった脅迫は著名人に多いですが、一般の方でも脅迫を受けるケースがないとは言い切れません。

Twitterで脅迫を受けた場合は、報告画面にて「 脅迫行為や暴力を助長している」として報告し、運営にツイートの対処を依頼しましょう。

 

性的なツイート

性的なツイートも追放することで運営に対処を求めることができます。以下のように規約違反であるためです。

不適切な性的誘いかけ: 他者に不適切な性的コンテンツを送信したり、性的な描写の対象としたり、その他の性的な不正行為に関わる直接的な攻撃を禁じます。

引用元::Twitterヘルプセンター「Twitterルールとポリシー」

「性的な誘いかけ」を受けた場合、報告の際は「問題を報告する」の画面で 「無礼で侮辱的な内容を含む」または「特定の人物にいやがらせをしている」を選択しましょう。

 

差別的な内容を含むツイート

現在、日本では 女性差別やLGBTへの差別が問題となっています。このような差別ツイートは規約違反です。

ヘイト行為: 人種、民族、出身地、性的指向、性別、性同一性、信仰している宗教、年齢、障害、深刻な疾患を理由とした他者への暴力行為、脅迫、嫌がらせを助長する投稿を禁じます。ヘイト行為に関するTwitterのポリシーについてはこちらをご覧ください。

引用元:Twitterヘルプセンター「Twitterルールとポリシー」

Twitterで差別を受けた場合は、問題のツイートを 「一部の国や地域で規定されている保護対象のカテゴリー(人権、宗教、差別、性的指向、障害など)の人々を誹謗中傷または差別している」として、報告しましょう。

 

 

弁護士に依頼すれば削除に協力してくれる

自力できちんと削除できるのか、やっぱりちょっと不安です。
國次
そうですね。もし「ちゃんと削除依頼が送れるか不安」「一度で確実に削除したい」「削除に失敗した」という方は弁護士に相談してみましょう。

自力での削除に失敗した場合でも弁護士に依頼すれば、ツイートを削除できる可能性があります。

弁護士であれば、 法的な手続きが必要になった場合も、難なくこなしてくれますよ。さらに、ツイートの一切を依頼できるので、初めからツイート削除を弁護士に依頼しても大丈夫です。

まずはあるコツをもとにTwitterトラブル解決を任せることができる弁護士を見つけて、相談しましょう。

Twitter問題解決なら弁護士!削除依頼・相手特定の期間・費用を解説
この記事では、Twitterで起こったトラブル解決を弁護士に依頼したい方にむけて、必要な情報を提供していきます。 自力ではTwitterの問題を対処しきれない そのような悩みを抱える方を救うのが、弁護士の役目です。 ...
<日本一簡単>削除費用見積りシステム

只今準備中ですので今しばらくお待ちください。

Twitter運営のツイート削除に要する期間

ツイートを削除依頼(報告)してから実際にツイートが削除されるまでの時間を以下の2つの段階に分けることが可能です。

  1. ツイートの報告から審議
  2. 審議で削除決定から削除完了

削除にかかる時間を解説していきます。

 

1:ツイートの報告から審議

ツイートの報告から審議までは 1~2週間程度を要すると予測できます。しかし、実際にTwitterで報告から審議までどのくらいの時間を要するのかは不明です。

SNSや匿名掲示板で削除依頼を厳正に審議するためには、1~2週間程度を要するとされています。もちろん正確な期間はそれぞれのケースによって異なります。

1週間より早く済むこともあれば、2週間以上かかる可能性も否定できません。

1ヶ月以上かかる場合は、削除依頼に失敗したと考えるのが妥当です。あくまで目安として捉えておきましょう。

 

2:審議で削除決定から削除完了

ツイートの削除自体は一瞬であり、10秒程度で済むとされてます。一度ツイートの削除が決まれば、一瞬で削除してくれると考えて良いでしょう。

 

まとめ

Twitterのツイート削除依頼はツイートを表示して、左上のアイコンをタップして「報告」の画面を開くことで依頼を送ることができます。

また、削除を依頼する際は、誹謗中傷や個人情報流出など ケースに応じて報告の理由が異なる点、情報はなるべく詳細に伝える点だけは注意しましょう。

この記事を参考にして問題のツイートの削除依頼を出して、Twitter運営に報告することで、少しでも不安を解消しましょう。

Twitter 誹謗中傷対策
この記事の監修者

インターネットの誹謗中傷対策、削除の専門家。5ちゃんねるを始めとする、各種書き込みの削除、下位表示させるプロ。特に企業案件を得意とし、ネガティブな口コミ、サジェストキーワードを常に監視、対策している。携わった案件は1,000以上。お困りの場合は、以下↓LINEからお気軽にお問い合わせください。

國次@ネット削除の専門家に問い合わせる
國次@ネット削除の専門家に問い合わせる
一般社団法人ネット削除協会

コメント

タイトルとURLをコピーしました